ならコープ

加入申込・資料請求 ご質問・お問い合わせ eフレンズ

奈良の元気は吉野から

吉野共生プロジェクトは、「奈良の元気は、吉野から」を合い言葉に、地元のさまざまな企業・団体と連携し取り組む活動です。
吉野地域に対する関心を高め、地元産業の振興に寄与していきます。

吉野共生プロジェクト 2013 動画紹介

吉野共生プロジェクト 2013の様子を動画紹介で紹介しています。

吉野共生プロジェクトパンフレット

ならコープは奈良大和の地で培われた「共生」の風土を受け継ぎ、奈良県の自然と文化を守り発展させ、次世代へと繋げていきます。

組合員のくらしに貢献するエネルギー分野への新たな挑戦へ

はじめに

現在、私たちがエネルギー源として大きく依存している化石燃料や原子力は、CO2排出による地球温暖化や資源枯渇の問題、放射能汚染等のリスクがあり、将来世代にわたり持続可能なエネルギー源とは言えません。

ならコープグループでは「2020年に向けた新環境政策」で創立以来の基本方針を確認して、奈良県の豊かな自然と文化を守り次世代の子どもたちに引き継ぐため環境にやさしい地域づくりをすすめます。「吉野共生プロジェクト」は奈良県の優れた自然環境を生かし、その保全と地場産業の振興をめざす県民運動に発展しています。県下各自治体で賛同の輪を広げ、新しい環境エネルギーの課題に向き合い、ならコープエネルギー政策を実行します。

太陽光・小水力・バイオマスなどの再生可能エネルギーによる発電、蓄電装置やLED照明器具・電気自動車の活用などで実績を積み上げつつ、ならコープグループとして発電事業に参加しながら、組合員への安全・安心なエネルギーの供給体制づくりをはじめます。改正電気事業法(電力小売り自由化〈2016年4月予定〉、発送電分離〈2020年4月予定〉)の施行にむけて、自立分散型エネルギーシステムの構築をめざし、新しい時代に対応したエネルギー分野の取り組みを開始します。

発電事業からの展望
1:太陽光発電のさらなる拡大

「組合員への安全・安心なエネルギー供給体制づくり、自立分散型エネルギーシステムの構築」を社会づくりとして組合員や地域社会とともにすすめ、「ならコープエネルギー政策」をさらに発展させ、ならコープ5事業所において新たに約1メガワットの太陽光発電システムの設置計画を追加します。

2:電力事業によるコミュニティの活性化や持続可能なまちづくりを支援

太陽光発電が生み出す収益を元に、「再エネ基金(仮)」の創設を検討し、省エネアイテム購入支援や各家庭での太陽光発電・蓄電池設備支援など、地域や組合員への還元をおこない、新しいライフスタイルへの転換につなげます。

3:「株式会社コープエナジーなら」を設立

これら中長期の展望を見据えるとともに、ならコープグループの事業経営に影響を与えず、発電事業に特定したSPC会社「株式会社コープエナジーなら」を2015年6月に設立します。

東吉野小水力発電復活への支援

奈良県吉野郡東吉野村では、豊かな水資源を活かした地域づくりと村の活性化を目的に、大正3年から昭和38年までの約50年間稼働していた「つくばね発電所」を復活させるプロジェクトが始動しました。
2013年に「東吉野小水力利用推進協議会」を設立、2014年に同協議会の有志によって「東吉野水力発電株式会社」を立ち上げました。同社は、事業収益を村の活性化に役立てます。ならコープグループでは、同社に出資するとともに「つくばね発電所」を復活させる市民運動への参加と支援をすすめています。

東吉野村つくばね発電所復活プロジェクト

『市民ファンド』で応援をお願いします!

東吉野村は1970年に7,028人あった人口も、2010年には1/3以下の2,144人まで減少しています(総務省統計局 国勢調査)。20年後の2035年には900人を下回ると予測されています(国立社会保障 人口問題研究所2013年3月推計)。村の存続そのものが危ぶまれているのです。 多くの名所旧跡もあり、豊かな自然に囲まれたこの東吉野村に生き生きとした元気を取り戻すため、このプロジェクトをスタートさせました。

東吉野村 日裏川上流

有志によって新たに非営利型の「東吉野水力発電株式会社」を2014年11月5日に設立し、つくばね発電所を復活させて、村に流れる日裏川の水で最大82kwの電力を発電、FIT制度を通じて売電します。この事業による収益を村の活性化に役立てることを決めました。工事費用等に必要な資金を、金融機関から全て融資を受けることもできましたが、この運動をより多くの方々のご理解とご協力を頂き、誰でも気軽に応援、事業参画できる「市民ファンド」を組成しました。ぜひ、皆さまのご理解とご協力をお願い致します。